情けない母…

  • 2008/10/31(金) 15:24:07

(携帯から更新)

簡単に出来ない事態にしてしまいました。
タックンの激しい訴えに、ママは泣きました。
なだめても怒っても今のタックンには届かない…

昨日、診察時間終了の17時。
病院に電話を入れました。

「とにかくどうにも機嫌が悪すぎて…薬を出してもらえませんか…」
先生と泣きながら電話。

熱があるから、風邪だから、じゃない。明らかに違うイヤイヤ。
風邪のせいで余計に何も出来ない。

時間外にも関わらず親切に対応してもらい
二種類の睡眠導入剤を処方してもらいました。

帰りも酷いイヤイヤで
家に着いても泣き続け
結局、二種類とも使ってようやく眠りに付いた。

今日も朝から病院にかかり
この連休をまずどうやり抜くか、相談。
同じ薬を出してもらい
今日一日熱さえ無ければ
明日と祝日の日中を
施設で預かってもらえることになった。

今日も風邪薬で眠気があるものの
とにかく思い通りにならないと泣きわめき
ようやくさっき眠りに付いた。
痰や咳が出始めればまた施設は使えない…
タックンが望む外出も思い通りにはしてあげられない…

ただの反抗期で
まだ成長の途中で

…で、過ぎていくならいいのだけど…
終わりが見えないのも…

そのくらいのことで、そこまで!?
とか思われちゃうかな。。。

心の余裕
どこに行っちゃったんだろう…。

LINEで送る

さっそくキャンセル

  • 2008/10/30(木) 13:33:03

昨日は午後からタックンコウチャンママ
インフルエンザ予防接種日でした〜。
(パパは職場で)

二人は問題なく接種。

ところが、ママ〜涙。
熱で受けられなかった・・・

朝から頭痛と悪寒が酷かったのよ。
風邪に気をつけろって言ってる自分がひいちまうなんて・・・
歳か??体力落ちすぎてます。。。



で、ママは熱も下がって鼻水タラタラくらいですが
今朝からタックンが発熱です。
38.0℃くらいとそんなに高くはなく。
寝起きに咳と痰が。


今日は前に書いた日中一時預かりの初日だったのに〜。
さっそくキャンセルです。
ついでに明日もキャンセルです。
でもギリギリのキャンセルで費用は取られます・・・涙。

風邪をひかせないための対策なのに
風邪をひいてしまって利用が出来ないってのが・・・。


受診してきましたが
喉が真っ赤。咽頭炎です。

ママ
は喉は痛くないので、どうやら別の風邪。


となると次はコウチャンが熱出すかな・・・。

特にコウチャンは喉が弱いみたいなので。



タックン
、只今、薬の副作用でぐっすり眠っております。
熱は上がっている感じ。
いつものように24時間ゴロゴロ痰が絡んでしまうのとは違うので
少し安心しながら様子を見ています。


ここのところ反抗期?と言いますか・・・
タックン
の「イヤイヤ」が度を越えてひどいです。
なのでママパパもイライラがひどいです。


この風邪でもっとひどくならないといいけどなぁ。。。。・゚・(*ノД`*)・゚・。

LINEで送る

子供同士の問題?

  • 2008/10/29(水) 09:41:53

コウチャンが入園して1ヶ月くらいの頃だったかなぁ。。。

お友達に歯型を付けられて帰ってきたことがあります。

腕にくっきりと。
なのに先生からは全く報告なし。


ママ
は初めてのことですっごく悩みました。

お友達とうまくいってないんじゃないか。
コウチャン
がお友達に手を出したり、暴言を吐いたりしてるんじゃないか。
タックン
のことで虐められてるんじゃないか。


パパ
にも相談したけど
とりあえず、2歳という年齢を考えて
出血するほどの傷でもないし。
様子を見ようよって。


それが、またすぐ同じようにくっきり歯型を付けてきた。
やっぱり先生からは報告が無い。

でも、コウチャンからはハッキリと
○○君にやられた・・・って言われたんだけど。(前回と同じ子)


でも、そのすぐ後に、自分で転んで怪我をした。
先生からは「ごめんなさいね〜」なんて
話があったんだ。



ママ
は、やっぱり先生に聞くことが出来なくて
すっごく遠まわしに聞いたの。
「お友達とうまくやってますか?」
「お友達に手を出したりしてませんか?」


答えは「大丈夫ですよ」


結局、時期を逃してしまってそのまま・・・



そんなことがあったことさえも忘れていた昨日。
楽しく遠足から帰ってきたはずのコウチャンから
「見て〜、○○にやられた」
下唇の裏に青く出血の後。

お友達に乗っかられて、噛んで傷が出来てしまったよう。
やっぱり同じ子から。



さすがに・・・・と今朝、門で担任の先生がいたので
聞いてみました。やっとこ。
「○○君と仲はいいんですかね?」
「実は・・・、以前も・・・」


先生も言葉を濁しましたが
どうやら、そのお友達は
どの子に対してもすぐに手が出てしまうタイプの子供らしい。

コウチャン
がその子に手を出したり
虐められているわけではなかったようです。

ちょっと安心したような・・・?



もともとコウチャンはかなりのお世話好き。
クラスじゃ、自分のことは全てやって、
先生の手をかけることはほぼ無い様子。(家と全く違う!)

そのお友達とも一緒に遊ぶのはいいけど
普段仲良くするのは、おとなしいタイプの子達ばかりのようです。


親御さんによっては
きつく文句を言ってくる人もいるんだろうなぁ。。。
先生も大変だ。



まぁ・・・ママも騒ぎ立てはしないけど
お友達とはうまくやっててくれるといいなぁ、と思います。

子供同士の喧嘩は子供同士で解決して
学習していくんだよね。
叩いたら痛い、とかさ。悲しい、とかさ。


出来るだけ見守っていきます〜。

LINEで送る

軽くパニック

  • 2008/10/27(月) 15:16:51

もともと要領の悪いママ
やることは全てメモ。
予定はカレンダーやスケジュール帳に書いておかないとダメ。

それがここ数日、予定外にやることがドッと
降ってきたので・・・軽くパニック状態。
只今逃避行中。


そもそも市が悪い。

「就学前児童に対するアンケート」
「健康意識調査」

なんてのを送りつけてきた。

市民の中から無作為に選別し送らせて・・・
って二通も我が家に届いて、本当に無作為なの??
とやや怒り。(ながらもしっかり期日に送り返し)

それと、年金の関係の調査書も送られてきたでしょ。
園の継続入所の書類の提出もあったでしょ。


で、実はさ、タックン、前々から考えていた
日中一時サービスを始めることにしたのよ。

その手続き関係で頭が一杯だったの。
てか手続き自体も面倒だったし。

ようやく施設と契約終わったと思ったら
また役所から電話。

受給者証に誤りがあって・・・だって。
せっかく契約が終わったのにまた提出しに行かなきゃならない。
というか訂正を直したといって送られてきたのが間違ってて、
また送りなおしますという再々ミス。


そして、施設側から他の事業所とも契約をしておいたほうがいい
と言われるがままに役所で事業所の紹介を受けようとしたら

これまた・・・

市の方から、重心の認定を受けたらどうか?なんてことを言われて

(これ以上書くと訳がわからなくなりそうだねぇ。。。)

施設と役所と話・話・話・・・。



そのストレスか?
その最中にママったら、右頬が腫れて食事が採れなくなり・・・
歯科、耳鼻咽喉科と掛かり、結局原因不明のまま
症状がなくなったので・・・なんだったのか??
(唾液腺が詰まった可能性が高いかな?)


保育園の行事で行かなきゃならなかったり
自分も歯医者通いが終わらない。
タックン
のリハビリの付き添いに。
コウチャン
は風邪でお休みしたり。

福祉機器展に顔を出したり・・・・


といつのまにやら日が経ってました〜涙。


今度はインフルエンザの予防接種。
そしていよいよ日中一時サービスの利用開始です。


なんで利用するか?
→普通の保育所は風邪の菌で一杯です。
 毎年肺炎で入院を繰り返すタックン
 今年は少しでも風邪をひかないように、
 半分は保育所、半分は施設を、と少し刺激を減らします。



明日は遠足だ〜!
タックン
のお弁当が一番大変だよ〜。


と、眼科の予約も取らなくちゃねっっ

LINEで送る

思い出してみた

  • 2008/10/19(日) 22:30:53

先日、11日と13日に続けて友人らが出産。
14日にはそれぞれの顔を見に行き、
とっても元気な友達と赤ちゃんに
すっごく幸せな気持ちを頂きました。


でね、コウチャンの出産の時のことをふと思い出しました。


ママ
には皆みたいな余裕が全くなかったなぁ。。。って。


そして、度胸ある出産だったんだよな、って。


「福山型筋ジストロフィー」

なんてどんな病気か詳しくもないくせに

そして、その病気がはっきり分かる前に

次の子の出産をしようとしていたんですからねぇ。



タックン
を産んだ病院は、NICUもある大きな総合病院。
(別に妊娠の異常は全くなかったけれど、ここにしたの)

コウチャン
を産んだ病院は、一番近くの一応総合病院。
(コウチャンを生んだ後、産婦人科は無くなりました)
家から15分弱の場所。
とにかく今目の前にいるタックンの傍にいるために。
病院の設備なんかより、タックンがとにかく一番大事でした。
(だって、初診時タックンはまだ5ヶ月にもなってなかったはず)


この近所の総合病院の産科。
高齢の医師が二人、交代でやってました。

今考えれば恐ろしいことだったのか?

もし、コウチャンが同じく福山型だったら・・・
かつ、合併症を併せ持っていたとしたら・・・
すぐに処置できる病院&医師では無かったです。。。


タックン
が9ヶ月になった頃、ようやく病名が判明し
その旨を産科医に伝えました。

返ってきた言葉
「もし赤ちゃんが病気でも大丈夫ですか?」
(ここで生んでも大丈夫なのかなぁ?と逆質問)

しかも医学書をペラペラとめくって・・・
全く筋ジスについての知識無しの様子。



それでもあの時のママは、「大丈夫です!」
って言い切ってました。

だって、タックンは普通に妊娠・分娩したんですもの。


仮に何かあったとしても救急車で設備の整った大病院に
行けるはず!!
と、絶対の自信があったなぁ。。。



とにかく、コウチャンを妊娠してから今日の今日まで
コウチャン
と穏やかな二人きりの時間があったんだろうか?


友達ら親子を見ていると
ふとコウチャンに申し訳なくなる。



コウチャン
を妊娠し
両家の両親から「今回は諦めたら・・・」なんて言葉を言われたこと。
何度も何度も思い出しちゃって。


それでも元気に生めたこと、
今もとっても元気なこと、
絶対、生んでよかったんだよって
「ありがとう」って言えるんだよ。


もうママ歴4年になるけど
まだまだ未熟でさ、すぐに怒ったり
心の余裕がなくなっちゃうけどさ、

これが「我が家」、で、いいのかな。



我が家流の愛がコウチャンの胸に届くといいのだけれどね。。。

LINEで送る